増毛・かつらの事ならセンタリング

増毛・かつらの相談は東京の「センタリング」へどうぞ。お客様に負担をかけない価格設定で、品質の高い製品をご提供致します。増毛は熟練した技術者が責任を持って対応。手軽におしゃれが楽しめるウィッグも豊富にご用意しております。まずはお気軽にご相談下さい。

の関連情報

かつら、カツラ(桂、葛、鬘)
※テキストはWikipedia より引用しています。

髪の毛のボリュームを増やしたいなら、かつらは前向きに検討してみる価値があります。速やかに髪の毛のボリュームを増やせますし、とてもおしゃれな製品も多いです。特に薄毛でない男性も、おしゃれなかつらに興味を持っている事も多いです。ただかつらを装着するなら、目立ちやすさも軽視できません。装着を悟られるかどうかの問題があるからです。多くの男性は、「自然な仕上がり」を求めています。いかにもかつらを装着しているように見えるのではなく、自毛に見えるのが理想的であると思っている男性も多いです。では、どうすれば見た目が自然になるかというと、まず大きさに注目する必要があります。不自然に見えてしまう大きさではなく、やや小さめなサイズにすると良いでしょう。やや極端な例ですが、顔の輪郭の直径は20センチだとします。それに対してかつらの大きさが60センチであるのは、いかにも不自然です。実に顔の直径の3倍以上ですから、いかにも頭に何かを装着しているように見えてしまいます。60センチは極端ですが、あまりにも大きいのは問題です。自分の頭皮や顔の直径などを考慮し、適切なサイズのかつらを選ぶ方が良いでしょう。そして、かつらを選ぶ時に一番重視すべきなのは、つむじです。そのパーツの仕上がりは自然であるかどうかは、慎重に確認するのが無難です。例えばつむじ周辺の毛のボリュームです。つむじ周辺の毛だけが異常に少ないと、いかにも頭に何かを付けているように見えてしまいます。それと毛の流れです。流れが不自然ですと、かつらを装着しているのもすぐに分かります。地肌の見え方も、軽視できません。かつらの隙間を注意深く観察してみると、地肌も確認できますが、その見栄えが自然であるかどうかも大切です。つむじの仕上がりは、かつらを選ぶ大切なポイントの1つです。そして毛の光沢感です。毛がむやみに光沢を発していると、かつらを装着している事が分かってしまいますから、注意を要します。
Tagged on: , 増毛・かつらの事ならセンタリング