株式会社ソーケンアービック

千葉・茨城で注文住宅を提供している我孫子のソーケンアービックです。住まいの健康と地球環境にやさしい自然素材の省エネ住宅を得意としております。千葉県で注文住宅をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

千葉の注文住宅を建設するにあたり、アフターフォローが非常に重要であることを知っておく必要があります。戸建て住宅は建設すれば終わりではなく、その後のメンテナンスが大切です。雨漏りを防ぐための外壁塗装や防水加工、さらに室内の内装や設備の手入れといったことになります。まず雨漏りですが、外壁塗装が劣化することでヒビが入るようになります。そこから雨水が内部に入り込み、建物の躯体が劣化してしまいます。また室内にもカビが発生し、住む人の健康にも影響が出てきます。そのような事態を避けるために、定期的に外壁をチェックして塗装をし直すことになります。内装は壁紙の交換や水廻りの手入れが必要です。配管も清掃をしたり交換することで、綺麗な水を使うことができます。このような修繕に関するチェックを行ってもらうことで、早めに手入れを行えるようになります。その結果、大がかりな補修をすることがなくなり、維持費も抑えることにつながります。
Tagged on: , 株式会社ソーケンアービック