有限会社 三和

エアコンクリーニングや絨毯クリーニン・ビル・マンション共用部定期清掃なら東京・世田谷区の三和へ。 東京23区を中心にビル清掃やハスクリーニングを行っております。特に絨毯・ジュータン、クリーニング国際ライセンス資格者による清掃は職人技。ビル・事務所・店舗などスポットや定期清掃もお気軽にご相談ください。

の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

カーペットクリーニングを行う上では、カーペットの目には砂・ガラス片、土埃・木片、表面に糸くず・髪の毛が存在することでそういったゴミ類を掃除機で吸い込むことを基本とします。東京のビルでもPタイルの床以外にもオフィスでカーペットを導入していることも多いため、そういった場所でカーペットクリーニングを行うことは定着しています。 その方法としてはまずは髪の毛や砂、埃などのゴミをカーペットを叩き出してそれを吸引することから始め、吸引にはアップライトバキュームクリーナーを活用します。またカーペットは繊維となりますが、汚れがこびりつくことが多いため、しみとりブラシとタオルにしみとり液を染み込ませ、その汚れがひどい部分に押し当てます。 タオルに汚れを移動させるよう要領で行いブラシで擦り落としておきます。汚れがひどい部分を重点に行い、またポリシャーが入れない端部分は専用のブラシで擦っておくことがポイントです。 その後にカーペット洗剤をカーペットに馴染ませ、カーペット専用のブラシをポリシャーに取り付け回転させて、汚れを落としていきます。洗剤が泡となってカーペットに残ってしまうため、エクストラクターを活用してバキューム処理をします。 最後にカーペットが濡れた状態にあるため、送風機を回してカーペットを乾燥させて仕上げます。
Tagged on: , 有限会社 三和